クローン病・潰瘍性大腸炎と食事、生野菜について

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事”C&C Diet”

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事、生野菜との関係

病と向き合う、付き合う…それはとかくネガティブになりがちで、外出や友達づきあいも減ってしまいがち…それゆえに明るく楽しく生きるためには、正しい情報収集も大切。QOL(Quality Of Life:生活の質)を向上させるためにも、アメリカをはじめとする海外情報なども踏まえて『前向きに、明るく過ごす生活』を探していくのが、このサイトのポリシーであり、モットーでもあります。個人差のある性質をもつものですので、情報と体調を照らし合わせながら、緩解期間を維持していくよう(もしくは治癒できるよう)努めていきたいですね。
トップページ>生野菜
スポンサードリンク

《生野菜とIBDについて》


一般的に、生野菜は”食物繊維の多い食べ物”として知られています。栄養素も豊富に含み、健康を維持するためや病気を予防したり改善するためにも、用いることを推奨されています。

胃腸のためにも通常、それがとても体に良いと(胃腸をキレイにしたり、働きを良くしてくれる)ということで、積極的に摂取することがあらゆる方面からも推奨されています。

また、栄養素という面でもあらゆる角度から研究され、『ビタミンは美容に良い』とか『カロチンはガンに効果がある』というような具体的な記述も多いのが見受けられます。

一方、IBD(クローン病・潰瘍性大腸炎)の場合は一部異なります。栄養そのものは摂取したいところですが、繊維質という部分ではあまりよくない(むしろ注意したい)。

それが刺激になったり、(症状によっては)消化吸収の段階で腸を通過しづらかったりすることもあるので、選択や食べ方には注意が必要です。

(一般的に良いとされている野菜に関してですが)生のままですと、消化がよくないので、調理法で工夫すると食べられるものがグーンと広がります。

蒸したり茹でたり…加熱調理を推奨する情報が多いのはそのためでしょう。煮物にしたり、温野菜サラダやポトフにしたりと、美味しく食べれる方法を見つけましょう。

スポンサードリンク



スポンサードリンク

おしながき

新着情報ページ 

トップページ

ブログ更新中

はじめに…

リンクページ

鶏肉(チキン) 大豆製品
乳製品 魚介類
ピザ 水(飲み方)
アルコール 炭酸飲料
カフェイン 揚げ物
油類(バター・マーガリン等)
炭酸飲料 カフェイン
揚げ物 生野菜
生の果物 肉類(赤身)
白米 香辛料・スパイス
食物繊維の多い食べ物
おならの出やすい食べ物

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事
Copyright (C) C&C Diet All Rights Reserved.
(こちらのサイトは著作権によって保護されており、無断で転用・転載することを禁じます)