クローン病・潰瘍性大腸炎と食事、肉類(赤身を含む)について

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事”C&C Diet”

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事、ご飯を食べよう

病と向き合う、付き合う…それはとかくネガティブになりがちで、外出や友達づきあいも減ってしまいがち…それゆえに明るく楽しく生きるためには、正しい情報収集も大切。QOL(Quality Of Life:生活の質)を向上させるためにも、アメリカをはじめとする海外情報なども踏まえて『前向きに、明るく過ごす生活』を探していくのが、このサイトのポリシーであり、モットーでもあります。個人差のある性質をもつものですので、情報と体調を照らし合わせながら、緩解期間を維持していくよう(もしくは治癒できるよう)努めていきたいですね。
トップページ>肉類(赤身を含む)
スポンサードリンク

《肉類とIBDの関係》


通常、肉は避けた方が良いというのが一般的な認識です。食べるとすれば鶏肉の脂の少ない部分(ササミ、もも肉、むね肉など)を…というように言われています。

では牛肉や豚肉はどうか…赤身も脂身も含め、もちろん避けた方が良いという記述が多く見受けられます。脂質が少ない部分を除けば食べれられるのでは?と思いがちですが、肉はかさが多い。消化にも良くない。便になりやすいということでも、腸管には負担がかかりやすい。

しかし一方では、『体調の良い時に限り、赤身は良いのでは?』という話をドクターにされたことがありました。『野菜ばかりではつまらないでしょうから』と。

とはいえ、これだけ『食べちゃいけない』と情報で書いてあると食べる気にはなれないものです(笑)私は食べていません。

その代わり、鶏肉を茹でたり焼いたり、蒸したりして…様々な調理法で美味しく食べています。ほんのたまに唐揚げも(これは少量なら良いとか?)

では周りの仲間は…と言いますと、個人差があります。『退院した翌月に焼き肉を食べて来ました〜』という人もおりますし…おそらく症状が出にくい人なのだと思います。

食べる、食べない…いずれにしても、自己管理の上で…なのでしょう。

スポンサードリンク



スポンサードリンク

おしながき

新着情報ページ 

トップページ

ブログ更新中

はじめに…

リンクページ

鶏肉(チキン) 大豆製品
乳製品 魚介類
ピザ 水(飲み方)
アルコール 炭酸飲料
カフェイン 揚げ物
油類(バター・マーガリン等)
炭酸飲料 カフェイン
揚げ物 生野菜
生の果物 肉類(赤身)
白米 香辛料・スパイス
食物繊維の多い食べ物
おならの出やすい食べ物

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事
Copyright (C) C&C Diet All Rights Reserved.
(こちらのサイトは著作権によって保護されており、無断で転用・転載することを禁じます)