クローン病・潰瘍性大腸炎と食事〜日記をつける〜

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事”C&C Diet”

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事の日記

病と向き合う、付き合う…それはとかくネガティブになりがちで、外出や友達づきあいも減ってしまいがち…それゆえに明るく楽しく生きるためには、正しい情報収集も大切。QOL(Quality Of Life:生活の質)を向上させるためにも、アメリカをはじめとする海外情報なども踏まえて『前向きに、明るく過ごす生活』を探していくのが、このサイトのポリシーであり、モットーでもあります。個人差のある性質をもつものですので、情報と体調を照らし合わせながら、緩解期間を維持していくよう(もしくは治癒できるよう)努めていきたいですね。
トップページ>日記が大切
スポンサードリンク

《日記をつける大切さ》


この病気(クローン病・潰瘍性大腸炎)にかかると、食生活に関して言われているのが…
  • 揚げ物は控えた方がいい。
  • 肉は牛・豚を避け、鶏肉(脂が少ない部分)を中心にたんぱく質を摂取する。
  • 繊維質の多い野菜を避け、消化の良いものを摂る。
  • 香辛料やお酒、たばこは控えた方がいい。
といったようなこと。インターネットや文献を見ても、海外の情報と合わせて大体共通した見解が書かれてあります。しかし、細かい部分(食品単品)で見てみると、日本と海外では意見が分かれる部分も存在します。

それゆえ、『日記をつけることを推奨とします』ということがよく言われているのです。それで気づくことや希望が見えてきます。

《個人差のあるものだからこそ…》

つまり…それだけ”(食べ物と各人の間に)個人差がある”ということが挙げられます。体質と食品の相性です。
実際に身近なところで、同じ病を持つ人と情報交換をしても、『自分は食べると腹痛等の症状が起きるが、あの人は普通に食べている』ということも少なくありません。

それは使用している薬や、症状の違いから生じる部分も多いでしょう。そうった情報も同時に合わせて尋ねてみると大変参考になります。

さて、何故日記をつけるのかといいますと、私たちにとって必要なこと、それは
”誘発物(症状になって出やすい食べ物)”を見極めることにあります。食べているものを記憶するというのは、記憶力が良い人でも中々できることではありません。

そこで簡単な記述を習慣づけることにより、一般的にはグレーゾーンにあるものの中から”食べられるもの”を見つけ増やしていくことができるのです。それはある種、”食べる楽しさ”につながってきます。



スポンサードリンク

おしながき

新着情報ページ 

トップページ

ブログ更新中

はじめに…

リンクページ

鶏肉(チキン) 大豆製品
乳製品 魚介類
ピザ 水(飲み方)
アルコール 炭酸飲料
カフェイン 揚げ物
油類(バター・マーガリン等)
炭酸飲料 カフェイン
揚げ物 生野菜
生の果物 肉類(赤身)
白米 香辛料・スパイス
食物繊維の多い食べ物
おならの出やすい食べ物

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事
Copyright (C) C&C Diet All Rights Reserved.
(こちらのサイトは著作権によって保護されており、無断で転用・転載することを禁じます)