クローン病・潰瘍性大腸炎と食事

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事”C&C Diet”

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事について

病と向き合う、付き合う…それはとかくネガティブになりがちで、外出や友達づきあいも減ってしまいがち…それゆえに明るく楽しく生きるためには、正しい情報収集も大切。QOL(Quality Of Life:生活の質)を向上させるためにも、アメリカをはじめとする海外情報なども踏まえて『前向きに、明るく過ごす生活』を探していくのが、このサイトのポリシーであり、モットーでもあります。個人差のある性質をもつものですので、情報と体調を照らし合わせながら、緩解期間を維持していくよう(もしくは治癒できるよう)努めていきたいですね。

《クローン病・潰瘍性大腸炎と食事・食品》


こちらは腸疾患で食事に悩んでいる人のためのサイトです。
サイト名のC&CとはCrohn's & Colites(クローン病&大腸炎)を意味しています。

この二つは、症状や摂取可能な食品において、個人差のあると言われている病ですが、一般的な知識を指標として、自ら少しずつ試してみたり、その時の体調と相談するなどして、食べられるものを探そうということをテーマにしております。


《クローン病・潰瘍性大腸炎とは?》

これら二つの病気は総称して”IBD(Inflammatory Bowel Disease:炎症性腸疾患という意味)”で、世間一般では『完治が難しい』と言われている病気です。

下痢や下血、腹痛などが起りやすい病気で、大腸炎の場合は大腸に炎症や潰瘍が出来、クローン病の方では、口内炎をはじめとして肛門疾患といった形で消化器官のあらゆる部位に症状がでるものです。

しかし、食事や生活習慣の改善によって症状を緩和・軽減することもできます。ところが残念ながら日本のサイトではネガティブな情報(書き方・表現)が多く、希望を見出せないケースも少なくありません。

一方、ライフスタイル・文化・医療やFundraising(資金調達・募金活動の一環)、考え方すべてにおいて先進国であるアメリカでは、病気に対する受け止め方や向き合い方、そして生活の過ごし方も日本とは異なります。もともと”生活を楽しむ”という意味では、そして”自立”という面では、日本は大いに学ぶところがあるのです。

アメリカからの情報で得た感想…そこには”Enjoy…生きる希望”が顕著に表れているということです。

とかく、日本では”根性論”などが一部でまかり通っていますが、『いかに楽しく食べ、楽しく生きるか』が大切か…それを感じ取って日々を充実したものにしていきたいですね。




おしながき

新着情報ページ 

トップページ

はじめに…

リンクページ

鶏肉(チキン) 大豆製品
乳製品 魚介類
ピザ 水(飲み方)
アルコール 炭酸飲料
カフェイン 揚げ物
油類(バター・マーガリン等)
炭酸飲料 カフェイン
揚げ物 生野菜
生の果物 肉類(赤身)
白米 香辛料・スパイス
食物繊維の多い食べ物
おならの出やすい食べ物
クローン病・潰瘍性大腸炎と食事
Copyright (C) C&C Diet All Rights Reserved.
(こちらのサイトは著作権によって保護されており、無断で転用・転載することを禁じます)