クローン病・潰瘍性大腸炎と食事、乳製品について

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事”C&C Diet”

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事、乳製品は大丈夫か?

病と向き合う、付き合う…それはとかくネガティブになりがちで、外出や友達づきあいも減ってしまいがち…それゆえに明るく楽しく生きるためには、正しい情報収集も大切。QOL(Quality Of Life:生活の質)を向上させるためにも、アメリカをはじめとする海外情報なども踏まえて『前向きに、明るく過ごす生活』を探していくのが、このサイトのポリシーであり、モットーでもあります。個人差のある性質をもつものですので、情報と体調を照らし合わせながら、緩解期間を維持していくよう(もしくは治癒できるよう)努めていきたいですね。
トップページ>乳製品
スポンサードリンク

《乳製品とIBD》


IBD疾患になると、牛乳でお腹を下してしまうケースが多いようです。それで低脂肪乳を飲んだりするわけですが、調子が悪いときは(もしくは元々弱い人は)それでもお腹が痛くなったり、下してしまうことも。

それでは良い状態をキープするのは難しいので、豆乳を愛飲している人も多いようです。かくいう私もそうです。(これは体験談ですが)市販のシチューを食べるとどうもしっくりこない(苦笑)なので、豆乳と小麦粉からホワイトソースを作って(ブイヨンなどを使います)作ることもあります。

それに比べ、ヨーグルトは別格のようです。他の乳製品に比べると寛容的な記述が多く、『安心して食べられる食品の一つ』として挙げられます(念のため体質や体調、そして専門家にもご相談下さい)。

そしてチーズに関するお話になりますが、基本的には”脂肪分が少ないものが良い”とされています(日本では)。そして日本に比べると『食べれるものを探して食べましょう』的なニュアンスが強いアメリカでは『(プレーン)ピザを食べることができるならば、カロリー摂取に良い』という記述もあります。

とはいえ、体調や体質の状態を熟知することが大切…医師の診断も大切ですが、実際食べて感じるのは自分自身…日記に(食べ物の感想や血液検査の数値)などを記述するなどして、把握してみることも大切ですね。

乳製品…カルシウムやたんぱく質、そして何よりも必要なカロリーが摂取できるので食べれるのなら問題ないのですが…食べ過ぎには注意を。

スポンサードリンク



スポンサードリンク

おしながき

新着情報ページ 

トップページ

ブログ更新中

はじめに…

リンクページ

鶏肉(チキン) 大豆製品
乳製品 魚介類
ピザ 水(飲み方)
アルコール 炭酸飲料
カフェイン 揚げ物
油類(バター・マーガリン等)
炭酸飲料 カフェイン
揚げ物 生野菜
生の果物 肉類(赤身)
白米 香辛料・スパイス
食物繊維の多い食べ物
おならの出やすい食べ物

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事
Copyright (C) C&C Diet All Rights Reserved.
(こちらのサイトは著作権によって保護されており、無断で転用・転載することを禁じます)