クローン病・潰瘍性大腸炎と食事、アルコール類について

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事”C&C Diet”

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事、アルコール類はよくない?

病と向き合う、付き合う…それはとかくネガティブになりがちで、外出や友達づきあいも減ってしまいがち…それゆえに明るく楽しく生きるためには、正しい情報収集も大切。QOL(Quality Of Life:生活の質)を向上させるためにも、アメリカをはじめとする海外情報なども踏まえて『前向きに、明るく過ごす生活』を探していくのが、このサイトのポリシーであり、モットーでもあります。個人差のある性質をもつものですので、情報と体調を照らし合わせながら、緩解期間を維持していくよう(もしくは治癒できるよう)努めていきたいですね。
トップページ>アルコール
スポンサードリンク

《アルコール(お酒)は控えた方がよい?》


カクテルやビール、そして日本酒やワインなどのアルコール類は基本的にはNGなものとして知られています(特にビールは発砲系なので、注意したいところ)。

海外のサイトによれば、これはクローン病や潰瘍性大腸炎に限らず、うつ病などに関しても”あまりよくない”と記してありました。

IBDの症状に関しては”炎症を起こしやすい(その他の症状を含む)”と。確かにアルコールを飲んだ時に感じる”ぽかぽか”感じるあの感覚は、炎症には良くないだろうなぁとは想像しやすいと思います。

とはいえども、知人の中にはアルコールも飲むし、タバコも…という人もいますけれど…(勧めらるものではありませんが)。

タバコは絶対と言っていいほど良くないもの(IBDには特に)ですので、これは避けて欲しいのですが、アルコールは体調の良い時は適量飲んでも差し支えないというドクターもいます。
(適量と言っても、アルコール度数が少なめのもので、少量という意味だと思いますが)

その辺は、主治医のドクターに訪ねてみてくださいね。見解が異なるケースもありますので。

いずれにしても、普段からある程度節制しておく必要はあると思われます。暴飲暴食は一番の大敵ですから。


スポンサードリンク



スポンサードリンク

おしながき

新着情報ページ 

トップページ

ブログ更新中

はじめに…

リンクページ

鶏肉(チキン) 大豆製品
乳製品 魚介類
ピザ 水(飲み方)
アルコール 炭酸飲料
カフェイン 揚げ物
油類(バター・マーガリン等)
炭酸飲料 カフェイン
揚げ物 生野菜
生の果物 肉類(赤身)
白米 香辛料・スパイス
食物繊維の多い食べ物
おならの出やすい食べ物

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事
Copyright (C) C&C Diet All Rights Reserved.
(こちらのサイトは著作権によって保護されており、無断で転用・転載することを禁じます)