IBD支援イベントを通して感じられるものとは

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事”C&C Diet”

IBD患者でも楽しく生きられるコツとは

病と向き合う、付き合う…それはとかくネガティブになりがちで、外出や友達づきあいも減ってしまいがち…それゆえに明るく楽しく生きるためには、正しい情報収集も大切。QOL(Quality Of Life:生活の質)を向上させるためにも、アメリカをはじめとする海外情報なども踏まえて『前向きに、明るく過ごす生活』を探していくのが、このサイトのポリシーであり、モットーでもあります。個人差のある性質をもつものですので、情報と体調を照らし合わせながら、緩解期間を維持していくよう(もしくは治癒できるよう)努めていきたいですね。
トップページ新着情報ページ>TAKE STEPS BE HEARDとは
スポンサードリンク

《TAKE STEPS BE HEARDとは》


別ページで、CCFA(クローン病・潰瘍性大腸炎のアメリカの団体)主催のイベント”TAKE STEPS BE HEARD”に言及しておりますが、このページではその内容の一部をご紹介します。

”TAKE STEPS BE HEARD”とは、アメリカの各地で開催されるイベントなのですが、ウォーキングやライブイベントを行っていて、その雰囲気からも『この病気を持っていてもこんなに元気!』という様子が感じられる素敵な内容になっています。

そこでは皆が友人や同僚、家族と共に参加しているのですが、それらがすべて”一つのチーム”のように感じられます。とても心強いですよね。

また、集まるだけではなく、資金調達(募金)を行い、集まったそれらの資金はIBD治療のために充てられているという、具体的で画期的なものでもあります。

先日、アメリカ在住の友人が私の代わりにと参加してきてくれたので、その時に頂いてきたというキットをご紹介します。

左図にあるのは、参加者全員に配られるキットの袋です。
ロゴのデザインや、書いてある言葉から、とてもポジティブな感じが受けて取れます。

独立心のある、アメリカ文化そのもの。力強いですね。
こちらはその内容物一覧です。
エチケットブラシや、各種パンフレットがたくさん入っています。
食べ物に関する注意事項や、生活に関する記述、そして薬に関する詳細情報などが掲載されています。
日本の場合は、様々な症状ばかりを提示するものが多いですが、
アメリカでは『こんなふうに生活できますよ』という前向きな表現が多いことに気づきます。
『楽しく生きよう!』読んでいて、そういう励ましすら感じます。

このイベントが開催される時期はある程度限られておりますので、私もいつか参加したいと思っております。そこで感じた空気、雰囲気を皆さんにお伝えできれば、何らかの励みにして頂けると思いますので。

また、日本国内でもCCFJの開催で、類似したイベントが行われているようですので、そちらへ参加してみるというのもイイかも知れませんね。

CCFA(アメリカのクローン病・潰瘍性大腸炎の協会)

CCFJ(日本炎症性腸疾患協会)

スポンサードリンク



スポンサードリンク

おしながき

新着情報ページ 

トップページ

ブログ更新中

はじめに…

リンクページ

鶏肉(チキン) 大豆製品
乳製品 魚介類
ピザ 水(飲み方)
アルコール 炭酸飲料
カフェイン 揚げ物
油類(バター・マーガリン等)
炭酸飲料 カフェイン
揚げ物 生野菜
生の果物 肉類(赤身)
白米 香辛料・スパイス
食物繊維の多い食べ物
おならの出やすい食べ物

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事
Copyright (C) C&C Diet All Rights Reserved.
(こちらのサイトは著作権によって保護されており、無断で転用・転載することを禁じます)