クローン病・潰瘍性大腸炎と食事、時には食べれるものなら…

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事”C&C Diet”

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事、食べれるものを食べよう

病と向き合う、付き合う…それはとかくネガティブになりがちで、外出や友達づきあいも減ってしまいがち…それゆえに明るく楽しく生きるためには、正しい情報収集も大切。QOL(Quality Of Life:生活の質)を向上させるためにも、アメリカをはじめとする海外情報なども踏まえて『前向きに、明るく過ごす生活』を探していくのが、このサイトのポリシーであり、モットーでもあります。個人差のある性質をもつものですので、情報と体調を照らし合わせながら、緩解期間を維持していくよう(もしくは治癒できるよう)努めていきたいですね。
トップページ新着情報ページ>たまには食べてもいいじゃない?
スポンサードリンク

《食べれるものなら食べたいです〜》


『たまにはいいじゃない…』こういう声をよく仲間の間で見聞きします。また、アメリカにおいてもバーベキューなどでチキンやソーセージなどを食べる方もいらっしゃるようです。

基本的にクローン病や潰瘍性大腸炎の食生活は、”油(脂)もの”や”繊維が多いもの”は良くないとされています。日常生活においては、それを心得ながら献立を組み立てていくケースがほとんどでしょう。私もそうです。

特に、炎症度(CRP)などが高い時は、食べる量も減らして、ラコールやエレンタール、そして健康食品(青汁やサプリメントなど)を摂取して体調を維持しています。

私がクローン病を(胃腸のカメラの検査の後)ドクターから宣告された時、そのドクターは同年代でした(当時30代)。

ドクター曰く『クローン病や潰瘍性大腸炎になったからと言って、急にベジタリアンになるのもつらいと思うんです』と。更に『たまになら、肉類を食べてもいいと思います。体調を考えながら』。

更に、他のドクターはこういう意見も…

『(夏に)生ビールくらい飲みたいでしょ?いいよ、1,2杯なら』
(ただし、これには”体調が維持出来ている時のみ”だそうです)

実際、(特に女性)『食べたいものは食べています』というお話もよく聞きます。焼き肉とか、サラダとか…(レミケードを使用されている方は特に)薬が切れると大変なことになりますので、お勧めはできませんが。

最後に、明記しておきたいのですが、基本的に暴飲暴食は良くありません。そして誰にでも当てはまるものではありません。体調と、ドクターと相談しながら、”たまには食べてもいい”と判断することが大事だと思います。

スポンサードリンク



スポンサードリンク

おしながき

新着情報ページ 

トップページ

ブログ更新中

はじめに…

リンクページ

鶏肉(チキン) 大豆製品
乳製品 魚介類
ピザ 水(飲み方)
アルコール 炭酸飲料
カフェイン 揚げ物
油類(バター・マーガリン等)
炭酸飲料 カフェイン
揚げ物 生野菜
生の果物 肉類(赤身)
白米 香辛料・スパイス
食物繊維の多い食べ物
おならの出やすい食べ物

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事
Copyright (C) C&C Diet All Rights Reserved.
(こちらのサイトは著作権によって保護されており、無断で転用・転載することを禁じます)