簡単にできる、鮭入り中華がゆ

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事”C&C Diet”

簡単にできる、鮭入り中華がゆ

病と向き合う、付き合う…それはとかくネガティブになりがちで、外出や友達づきあいも減ってしまいがち…それゆえに明るく楽しく生きるためには、正しい情報収集も大切。QOL(Quality Of Life:生活の質)を向上させるためにも、アメリカをはじめとする海外情報なども踏まえて『前向きに、明るく過ごす生活』を探していくのが、このサイトのポリシーであり、モットーでもあります。個人差のある性質をもつものですので、情報と体調を照らし合わせながら、緩解期間を維持していくよう(もしくは治癒できるよう)努めていきたいですね。
トップページ新着情報ページ>簡単にできる、鮭入り中華がゆ
スポンサードリンク

《簡単にできる、鮭入り中華がゆ》


今回ご紹介するのは、「おかゆ」。炎症値(CRP)が高い時や、お腹に痛みを感じた時は、おかゆに頼ることもあるかと思います。でも、どうせ食べるなら美味しく食べたいところですよね。そこで「簡単、美味しい中華粥」をご紹介します。

まず、材料は・・・

焼鮭(お魚グリルで適度に焼いたもの)⇒3分の1切れ。

豆乳⇒100cc(お好みで増減してみてください)

ご飯⇒茶碗に軽く半分程度(水分でかなりかさが増えるので少なめでOK)

水⇒150cc(豆乳同様、使用する鍋やお好みで加減してみてください))

鶏がらスープの素(粉末)⇒少々(少量で十分味が出ます)

たったこれだけの材料です。簡単そうでしょ?

作り方も簡単!!

1.まず鍋にお水を入れ、お湯を沸かします。

2.沸いてきたら、鶏がらスープの素とご飯を鍋に入れます(このあたりかた中火で大丈夫)。

※このあたりから、かき混ぜながら行ってください。

3.次に、焼鮭をほぐしながら加えます。この時に鮭に小骨がないかチェックしてみてくださいね(※意外と大切)

4.ある程度お粥っぽくなってきたら(火が通ってきたら)豆乳を入れます。

5.沸騰しない程度に火を通し完成。

中華粥というより、豆乳と鮭が入ってるので、風味的にはまるで石狩鍋に似てるような感じもします。塩などを入れないのは、焼鮭の塩気だけで十分だからです。そこで塩を入れるとしょっぱく感じるかも知れません。

味覚的にも、体のためにも、なるべく自然な味に仕上げて食べたいですよね。

クローン病・潰瘍性大腸炎食事メニュー、お粥

スポンサードリンク



スポンサードリンク

おしながき

新着情報ページ 

トップページ

ブログ更新中

はじめに…

リンクページ

鶏肉(チキン) 大豆製品
乳製品 魚介類
ピザ 水(飲み方)
アルコール 炭酸飲料
カフェイン 揚げ物
油類(バター・マーガリン等)
炭酸飲料 カフェイン
揚げ物 生野菜
生の果物 肉類(赤身)
白米 香辛料・スパイス
食物繊維の多い食べ物
おならの出やすい食べ物

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事
Copyright (C) C&C Diet All Rights Reserved.
(こちらのサイトは著作権によって保護されており、無断で転用・転載することを禁じます)