IBDでも食べれる!?脂肪分の少ないポテトチップス

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事”C&C Diet”

IBDでも食べれる!?脂質の少ないポテトチップスとは

病と向き合う、付き合う…それはとかくネガティブになりがちで、外出や友達づきあいも減ってしまいがち…それゆえに明るく楽しく生きるためには、正しい情報収集も大切。QOL(Quality Of Life:生活の質)を向上させるためにも、アメリカをはじめとする海外情報なども踏まえて『前向きに、明るく過ごす生活』を探していくのが、このサイトのポリシーであり、モットーでもあります。個人差のある性質をもつものですので、情報と体調を照らし合わせながら、緩解期間を維持していくよう(もしくは治癒できるよう)努めていきたいですね。
トップページ新着情報ページ>IBDでも食べれる!?ポテトチップス
スポンサードリンク

《IBDでも食べれる!?ポテトチップス》


IBD(炎症系潰瘍性疾患)になると、気をつけなくてはならない栄養成分があります。

「脂肪分(脂質)」。

揚げ物や、肉類(特に牛肉や豚肉など)は避けなくてはならなくなります。

一般的には、「IBD疾患患者の脂質摂取量は1日30グラムが理想」と言われており、多くの方は食生活の中でそれらを計算しながら調理しています。

そういった状況ですから、大好きなお菓子を断っている方も多いでしょう(私もそうです)

でも食べたいですよね〜・・・

そんな中、あるポテトチップスを発見しました。これがIBD患者に適しているかどうかはわかりませんが、こういった「脂質の少ないスナック(菓子類)」を見つけることもまた、楽しさにつながってきます♪

サッポロファインフーズから出ている「ポテかるっ」です。
トランス脂肪酸ゼロ、揚げてないポテトチップス
⇒味の種類は8種類以上!?”ポテかるっ”一覧(楽天市場で検索)
潰瘍性大腸炎・クローン病でも食べられるポテトチップス


脂質が少ないこともあって、通常のポテトよりパサパサした感じに見えますが、食べ応え十分♪(何と、これで1袋あたり脂質2.6グラム
潰瘍性大腸炎・クローン病でも食べられるポテトチップス

一気に1袋(33グラム)を食べてみましたが、下痢をすることもなく、痛みを感じることもありませんでした。とは言え、個人差のある病気なので(他の食べものでもそうですが)食後感や症状の変化は異なってくると思います。

「これなら!」と思う方でも、少しずつ試してみることが大切かと思います。


スポンサードリンク



スポンサードリンク

おしながき

新着情報ページ 

トップページ

ブログ更新中

はじめに…

リンクページ

鶏肉(チキン) 大豆製品
乳製品 魚介類
ピザ 水(飲み方)
アルコール 炭酸飲料
カフェイン 揚げ物
油類(バター・マーガリン等)
炭酸飲料 カフェイン
揚げ物 生野菜
生の果物 肉類(赤身)
白米 香辛料・スパイス
食物繊維の多い食べ物
おならの出やすい食べ物

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事
Copyright (C) C&C Diet All Rights Reserved.
(こちらのサイトは著作権によって保護されており、無断で転用・転載することを禁じます)