たまねぎのスープ(オニオンスープ)

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事”C&C Diet”

血管を丈夫にする、たまねぎのスープ(オニオンスープ)

病と向き合う、付き合う…それはとかくネガティブになりがちで、外出や友達づきあいも減ってしまいがち…それゆえに明るく楽しく生きるためには、正しい情報収集も大切。QOL(Quality Of Life:生活の質)を向上させるためにも、アメリカをはじめとする海外情報なども踏まえて『前向きに、明るく過ごす生活』を探していくのが、このサイトのポリシーであり、モットーでもあります。個人差のある性質をもつものですので、情報と体調を照らし合わせながら、緩解期間を維持していくよう(もしくは治癒できるよう)努めていきたいですね。
トップページ新着情報ページ>たまねぎのスープ(オニオンスープ)
スポンサードリンク

《血管を丈夫にする、たまねぎのスープ(オニオンスープ)》


様々な健康効果が期待されている、たまねぎ。

その作用は多岐にわたり、抗酸化作用、血糖値および血圧降下作用、血管を若返らせる働き、そしてガン予防にも大いに期待がもたれています。

特に、最近では「ハウス食品」と「広島大学:東幸仁教授」との共同研究により、血管内皮機能改善の働き(10歳以上若返るという捉え方もできます)が発表されました。

そこで、今回は簡単にできる「たまねぎスープ(オニオンスープ)」をご紹介します。

まずはじめに・・・。

1.たまねぎ(小でも可)半分をスライスします。薄めにスライスすれば調理時間は短縮できます。

2.スライスしたたまねぎを、(オリーブオイルを少量入れた)フライパンで軽く炒めます。「たまねぎだけでは物足りない」という方は、にんじんなど、他の野菜を入れてみるのも美味しいですよね。

3.2.にお湯400ccとスープの素(ブイヨン)を4〜5グラム程度入れます。その際、味の好みもあるので、分量は調整してみて下さい。
(ブイヨンの代わりに、和風のダシでもいいですよ)

4.塩、こしょうで味を調え(体調の思わしくない方や、こしょうが苦手の方は少なめにするか、塩のみの調整でも)、軽く煮立たせたら出来上がり。

たまねぎは、ガスが出やすい食べ物と言われておりますので(特に生で食べるのはIBD患者にとって良くないです)、頻繁に食べるのは良くないかも知れません。個人差があり、スープだけを楽しむ等々、できる範囲で楽しみましょう。

調理過程において、たまねぎを飴色になるまで炒めたり、小麦粉やカリカリに焼いたフランスパン、チーズなどを加えると「オニオングラタンスープ」にも早変わりします。あまり推奨はしませんが、(体調の良い方や、チーズが誘発物でない方にとっては)たまには良いかも知れません。


スポンサードリンク



スポンサードリンク

おしながき

新着情報ページ 

トップページ

ブログ更新中

はじめに…

リンクページ

鶏肉(チキン) 大豆製品
乳製品 魚介類
ピザ 水(飲み方)
アルコール 炭酸飲料
カフェイン 揚げ物
油類(バター・マーガリン等)
炭酸飲料 カフェイン
揚げ物 生野菜
生の果物 肉類(赤身)
白米 香辛料・スパイス
食物繊維の多い食べ物
おならの出やすい食べ物

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事
Copyright (C) C&C Diet All Rights Reserved.
(こちらのサイトは著作権によって保護されており、無断で転用・転載することを禁じます)