簡単レシピ、ほうれん草のおひたし

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事”C&C Diet”

簡単レシピ、ほうれん草のおひたし

病と向き合う、付き合う…それはとかくネガティブになりがちで、外出や友達づきあいも減ってしまいがち…それゆえに明るく楽しく生きるためには、正しい情報収集も大切。QOL(Quality Of Life:生活の質)を向上させるためにも、アメリカをはじめとする海外情報なども踏まえて『前向きに、明るく過ごす生活』を探していくのが、このサイトのポリシーであり、モットーでもあります。個人差のある性質をもつものですので、情報と体調を照らし合わせながら、緩解期間を維持していくよう(もしくは治癒できるよう)努めていきたいですね。
トップページ新着情報ページ>簡単レシピ、ほうれん草のおひたし
スポンサードリンク

《簡単レシピ、ほうれん草のおひたし》


IBDの食事の基本である「火を通した野菜の食べ方」。ほうれん草のおひたしなら、ゆで時間も短く済みますし、作るのも簡単。

根に近い部分は消化がそれほど良くないので、他の野菜同様、葉っぱの部分を中心に食することをお勧めします。

体調によって、そして個人差のあることですので、不安に思う方は特に栄養士や医師に相談してみてくださいね。

≪食材と分量≫

ほうれん草 ひと束

だし汁 200cc

みりん 大さじ1杯半

しょう油 大さじ1杯半


※ほうれん草をひたす汁は、だし汁が10:しょう油、みりんがそれぞれ1
という割合くらい
でいいと思います。
麺つゆを少し薄めに使う事で代用することができ、簡単に作ることもできます。

(基準は上記の分量ですが、お好みによって調節してみてください)

≪手順≫

1.
ほうれん草をさっと洗い、沸騰したお湯で根の方から茹でます。ゆで時間は1分〜1分半程度で大丈夫です。

2.茹で上がったほうれん草を水につけ、その後水気を切った後に、合わせた(だし汁・しょう油・みりん)に浸します。

3.浸したほうれん草を軽くしぼり、まな板の上で、食べやすい大きさに切ります。(茹でた直後に切り、だし汁に浸すという順番でも、どちらでも良いです。やりやすい方法で)

4.最後にお好みでおかか(削り節)などをまぶして出来上がり。

葉の部分を中心に盛りつけたのでこんな感じに。
クローン病・潰瘍性大腸炎レシピ、ほうれん草のおひたし

スポンサードリンク



スポンサードリンク

おしながき

新着情報ページ 

トップページ

ブログ更新中

はじめに…

リンクページ

鶏肉(チキン) 大豆製品
乳製品 魚介類
ピザ 水(飲み方)
アルコール 炭酸飲料
カフェイン 揚げ物
油類(バター・マーガリン等)
炭酸飲料 カフェイン
揚げ物 生野菜
生の果物 肉類(赤身)
白米 香辛料・スパイス
食物繊維の多い食べ物
おならの出やすい食べ物

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事
Copyright (C) C&C Diet All Rights Reserved.
(こちらのサイトは著作権によって保護されており、無断で転用・転載することを禁じます)