クローン病・潰瘍性大腸炎と食事、友人・人間関係について

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事”C&C Diet”

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事、共に向き合ってくれる仲間を作る

病と向き合う、付き合う…それはとかくネガティブになりがちで、外出や友達づきあいも減ってしまいがち…それゆえに明るく楽しく生きるためには、正しい情報収集も大切。QOL(Quality Of Life:生活の質)を向上させるためにも、アメリカをはじめとする海外情報なども踏まえて『前向きに、明るく過ごす生活』を探していくのが、このサイトのポリシーであり、モットーでもあります。個人差のある性質をもつものですので、情報と体調を照らし合わせながら、緩解期間を維持していくよう(もしくは治癒できるよう)努めていきたいですね。
トップページ新着情報ページ>友人関係と仲間づくり
スポンサードリンク

《友人関係と仲間づくりについて》


クローン病や潰瘍性大腸炎になって、生活や友人関係は一変…そういうことも少なくないと思います。

食べるもの、食べることを共有しづらくなるということは、誰かに何かを言われなくても自分の病気を責めてしまいがちです。

社会人になると、お酒の席も多いことから、(基本的に深酒が良くないとされているゆえ)付き合いも悪くなってしまうということもあります。

お酒の部分では、もともと飲めない(飲まない)人も増えてきていることから、食べ物ほど弊害はないようですが…。

人は、本質的に”他者とのつながりや共有”を欲しています。それが少なくなると内にこもってしまいがち…それでは体のためにも心のためにもよくありません。

とはいえ、
日本人の傾向性として、”病人を敬遠する傾向”が少なからずあります。それは障害を持つ人に対する視線・視点と似ています(海外では”それも個性である”と捉えています)

そこで、私の体験を少しお話しましょう。

私がクローン病になり、それを親しい友人などに話すと『可哀相に…』とか『大変だねぇ〜』という答えが返って来ます。

中には少数派ですが『何なら食べれる?食事に行く時は合わせるよ』と言ってくれる人もいますが…割合的には本当に少ないです。

こちらの方も、食べるものに気を使いながら、友人付き合いをしていくのは疲れます。気を使われ(過ぎるのも)あまりいいものではありません。

《一方アメリカでは…》

CCFA(アメリカによるクローン病・大腸炎の団体)主催の”TAKE STEPS BE HEARD”というウォーキング&ファンドレイジングのイベントが各地で開催されています。

主旨としては”友人や家族、同僚と共に参加するイベント”で、”皆で資金調達することで治療のために前進していく”といったもの。日本ではあまりない発想です。


この動画を観ても、雰囲気から『自分は一人ではない』という力を得られます。アメリカは”200人に1人”がIBD患者だと言われています。それゆえ、取り上げられ方も違います。日本と比較するのも難しいかも知れません…しかし、同じ人間です。

アメリカに在住する私の友人が、前述のウォーキング&ファンドレイジングイベントに参加してきてくれました。事前にCCFAの事務局に問い合わせてから参加してくれたのですが、その(事務局からの)返信内容もあたたかいものでした(転送して見せてもらったのです)。

そして、そのCCFAの事務局の方が後日”出来ることがあれば何なりと言ってきて下さいね”という言葉まで添えて下さいました。私はとても感動し、今でも心にずっと残っています。

”I'm only one voice, but together we'll be heard.”
(たった一つの声でも、皆で一つになればその声も届く)


イベントのキャッチフレーズでもある、この言葉が私は大好きです。

スポンサードリンク



スポンサードリンク

おしながき

新着情報ページ 

トップページ

ブログ更新中

はじめに…

リンクページ

鶏肉(チキン) 大豆製品
乳製品 魚介類
ピザ 水(飲み方)
アルコール 炭酸飲料
カフェイン 揚げ物
油類(バター・マーガリン等)
炭酸飲料 カフェイン
揚げ物 生野菜
生の果物 肉類(赤身)
白米 香辛料・スパイス
食物繊維の多い食べ物
おならの出やすい食べ物

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事
Copyright (C) C&C Diet All Rights Reserved.
(こちらのサイトは著作権によって保護されており、無断で転用・転載することを禁じます)