IBDでも食べられる食事(料理・レシピ)

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事”C&C Diet”

クローン病・潰瘍性大腸炎でも食べられる食事(料理・レシピ)

病と向き合う、付き合う…それはとかくネガティブになりがちで、外出や友達づきあいも減ってしまいがち…それゆえに明るく楽しく生きるためには、正しい情報収集も大切。QOL(Quality Of Life:生活の質)を向上させるためにも、アメリカをはじめとする海外情報なども踏まえて『前向きに、明るく過ごす生活』を探していくのが、このサイトのポリシーであり、モットーでもあります。個人差のある性質をもつものですので、情報と体調を照らし合わせながら、緩解期間を維持していくよう(もしくは治癒できるよう)努めていきたいですね。
トップページ新着情報ページ>カンタンレシピ(玉子チャーハン)
スポンサードリンク

《お手軽簡単・玉子チャーハン》


とかくIBD(炎症性腸疾患)の場合は、食べられるものが限られております。そのうえ、「野菜やくだものは火を通したほうが良い」ということが推奨されているため、食事の悩みは尽きないもの・・・。

とはいえ、「食べられる喜び」を誰よりも知っているのも、私たちIBD患者です♪。入院した際、もしくは手術を経験した際に、長期間の絶食を経験した人も少なくないでしょう。

やがて、重湯からはじまり、三分粥、五分粥とレベルが上がっていくにつれてこみ上げてくる喜び・・・たまりませんね。

さて、前置きはここまで(笑)

今回はお手軽に作れる玉子チャーハンのお話です。これは誰でも作ったことがあるのではないでしょうか?そのノウハウなども料理番組でやっていたこともあるので、そのエッセンスを取り入れてご紹介します。

材料はいたってシンプル・・・。

玉子一個。 ご飯(もちろん白米)茶碗軽く一杯。 
塩少々。 鶏がらのだし(粉末)少々(和風だしの素でも可)。
オリーブオイル少々。
たったコレだけです。

1.まず最初に、お茶碗の中で玉子ご飯を作ります。でも、おしょうゆは入れません(笑)よーくかきまぜておいてください。

2.次にフライパンを温め(T-FALなどのくっつかないフライパンの方が良いです。油は最小限にしておきたいので)、オリーブオイルを少々(本当に少なくていいです)入れて熱したものに、1を入れます。

3.手早くフライパンをあおりながら(手首で返しながら)塩、鶏がらのだし(粉末)を入れます。全体に調味料が行き渡る程度にご飯を炒めます。尚、1に玉子ご飯にしてから入れたのは、パラパラにするためでもあり、簡単に作れるためでもあります。

完成で〜す。
体調に合わせ、具を入れても楽しむこともできます(かまぼこ、かにかま、たまねぎのみじん切り、ピーマンなど)。

白米や玉子は、基本的に推奨されている食べ物(再燃しにくい)なので、こういった料理は有効です。また、オリーブオイルは他の油と比べると、胃腸に優しいので(とはいっても少量に)、代用品としては使えます。


スポンサードリンク



スポンサードリンク

おしながき

新着情報ページ 

トップページ

ブログ更新中

はじめに…

リンクページ

鶏肉(チキン) 大豆製品
乳製品 魚介類
ピザ 水(飲み方)
アルコール 炭酸飲料
カフェイン 揚げ物
油類(バター・マーガリン等)
炭酸飲料 カフェイン
揚げ物 生野菜
生の果物 肉類(赤身)
白米 香辛料・スパイス
食物繊維の多い食べ物
おならの出やすい食べ物

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事
Copyright (C) C&C Diet All Rights Reserved.
(こちらのサイトは著作権によって保護されており、無断で転用・転載することを禁じます)