クローン病や潰瘍性大腸炎でも食べられるハンバーグとは

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事”C&C Diet”

クローン病や潰瘍性大腸炎でも食べられる脂質の低いチキンハンバーグ

病と向き合う、付き合う…それはとかくネガティブになりがちで、外出や友達づきあいも減ってしまいがち…それゆえに明るく楽しく生きるためには、正しい情報収集も大切。QOL(Quality Of Life:生活の質)を向上させるためにも、アメリカをはじめとする海外情報なども踏まえて『前向きに、明るく過ごす生活』を探していくのが、このサイトのポリシーであり、モットーでもあります。個人差のある性質をもつものですので、情報と体調を照らし合わせながら、緩解期間を維持していくよう(もしくは治癒できるよう)努めていきたいですね。
トップページ新着情報ページ>IBDでも食べられる!?チキンハンバーグ
スポンサードリンク

《脂質の低いチキンハンバーグ》


クローン病や潰瘍性大腸炎は食事制限の多いIBD(炎症性腸疾患)ですが、その食事療法の特徴として「脂質の低いもの」が挙げられます。

つまり、「肉類や油もの(揚げ物)は避けた方が良い」というのが一般的な考え方。それでも皆無というのも体には良くないようで、コレステロール数値が低くなってしまう傾向も見られます。

具体的な数値(摂取してよい目安と言われている量)としては「脂質は1日30グラム以内」と言われていますが、計算しづらいもの・・・そこで明確に表示してある市販食品をご紹介します。

しかも、今回はすぐに食べることのできるチキンハンバーグです。すべての方に当てはまる(順応する)ものではないかも知れませんが、栄養成分表示上は下記の通りになっているのでありがたいです。
(※下記は3個入りの商品)

丸大食品 チキンハンバーグ 75g 3束

価格:208円
(2012/4/15 17:54時点)
感想(0件)


栄養成分1袋当たり
(内容1つに対して)
エネルギー:156Kcal
たんぱく質:8.0g
脂質:8.3g
炭水化物:12.2g
ナトリウム:522mg
------------------
食塩相当量:1.3g

といったように、「脂質8.3グラム」というのがありがたい。チキンを使ったハンバーグや、餃子を作って食べている方もいらっしゃるかと思いますが、こういった市販品も上手に使っていきたいですよね。

この丸大のチキンハンバーグ、ご飯にのせてロコモコ丼にしたり、パンにはさんでサンドイッチにしても美味しいデスヨ☆

他のページでも記述しておりますが、炎症性腸疾患は体調や体質には個人差があるものですので、不安のある方は栄養士等の専門家にご相談下さい。


スポンサードリンク



スポンサードリンク

おしながき

新着情報ページ 

トップページ

ブログ更新中

はじめに…

リンクページ

鶏肉(チキン) 大豆製品
乳製品 魚介類
ピザ 水(飲み方)
アルコール 炭酸飲料
カフェイン 揚げ物
油類(バター・マーガリン等)
炭酸飲料 カフェイン
揚げ物 生野菜
生の果物 肉類(赤身)
白米 香辛料・スパイス
食物繊維の多い食べ物
おならの出やすい食べ物

クローン病・潰瘍性大腸炎と食事
Copyright (C) C&C Diet All Rights Reserved.
(こちらのサイトは著作権によって保護されており、無断で転用・転載することを禁じます)